ドラマーのふーさん よい子の楽しいロックサイト

アクセスカウンタ

zoom RSS マイフェバリット女性ボーカリストE 亜蘭知子

<<   作成日時 : 2005/03/30 20:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 亜蘭知子。
 ボーカリストとしてよりも作詞家として成功した人ですね。
 代表曲は1986年作品、チューブの「シーズン・イン・ザ・サン」です。
 この曲に限らず、亜蘭知子作詞、織田哲郎作曲のヒット曲は数多い(と思う)。
 1958年青森県生まれ。19歳で上京し、作詞家に。三原順子の「セクシー・ナイト」が初ヒットではないかな。本城美沙子の「魔女伝説 メサイアブレス」「13th」は彼女の作詞です。
 ボーカリストとしてのデビューは81年アルバム「神経衰弱」で。82年セカンドアルバム「色彩感覚」、83年3枚目「浮遊空間」を発表している。シングルは浮遊空間に収録されている「body to body」。
 84年にはカシオペアの向谷実をプロデューサーにした4枚目「More Relax]を発売している。
 89年8枚目の「stay in my eye」、90年「sunny side memories」を発売以来、アルバム発表はない。
 現在は、執筆活動が主体のようで、音楽活動や作詞活動はあまり頻繁ではない。
 2003年小説「恋のロードサイン」を光文社から発売している。
 歌はあまり、上手いわけではありません。でも、多数のヒット曲を生み出す世界観はしっかり持っています。
 「stay in my eye」には渚のオールスターズで発売した「be my venus」も収録しています。

 CITY POP ~WARNER MUSIC JAPAN edition
CITY POP ~WARNER MUSIC JAPAN edition

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マイフェバリット女性ボーカリストE 亜蘭知子 ドラマーのふーさん よい子の楽しいロックサイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる